一般社団法人食アスリート協会 食・栄養・メンタルのメソッド(スポーツ食育)の資格と仕事の普及で日本を活性化します。

山田水産の鰻

山田水産 鰻の「無投薬養殖」への挑戦

山田水産は2005年、日本で初めて鰻の無投薬養殖を実現しました。鰻養殖では、一般的に、病気やその予防を目的として何種類かの薬品が使われていますが、「安心・安全な鰻をお客様に提供したい」という想いから、無投薬養殖へ挑戦しました。取り組み当初は、45%もの鰻を失うこともありましたが、決してひるむことなく、稚魚から成鰻まで完全無投薬の養殖に成功しました。

鰻とともに24時間「鰻師」とは?

完全無投薬による養鰻を成し遂げた鰻師は、挑戦と失敗を繰り返し、極めた答えはごくシンプルなものでした。それは、「鰻を病気にさせないこと」。 そのため鰻師は、養鰻場に住居を構え、家族とともに暮らし、24時間体制で鰻と寝食をともにしました。餌の食べ方、泳ぎ方、池のにおいに対して常に神経を研ぎ澄まし、その日の鰻の体質に気を配りながら育て上げました。魂を込めて育て上げられた鰻は、素材の良さを最大限に引き立たせる炭火焼の技術により、約80mのラインでじっくり焼き込まれ、完成します。おいしい鰻を追求する情熱から生まれた無投薬鰻をお届けします。

水へのこだわり

鰻師は、餌をよく食べ病気に強い元気な鰻を育てるため、水にもこだわっています。鹿児島県志布志の地下70mより汲み上げる地下水を使用して養殖を行い、温度・水質・酸素量など厳しく徹底的に管理しています。1日2回行われる水質検査と同時に、水のにおい、水のにごりなど常に水の状態を把握します。鰻師は普段も、鰻達と同じ地下水を使って生活しています。水は命の源。水づくりこそ、鰻養殖のカギであると確信します。

お問い合わせ

山田水産株式会社 本社

  • 〒876-0815 大分県佐伯市野岡町1丁目5番3号
  • 加工部:TEL.0972-22-1425(代) FAX.0972-22-9838
  • 総務部:TEL.0972-22-1555(代) FAX.0972-22-1
  • http://yamadasuisan.com/