食アスリート理論を学ぶには?

食アスリート理論は、アスリートのアスリートによるアスリートのための競技成績向上、コンディショニング、減量や増量、スタミナアップを実現する理論です。

専門家だけでなくアスリートが自ら実践できることを重視しているため、特別な食品やサプリメントを使わないシンプルな食事で日常的に実践できるように設計されています。食アスリート理論を活用することで、食費の負担の軽減、調理時間の短縮をしながら競技成績を向上させることが可能です。

食アスリート協会では、現役アスリート、指導者、アスリートをサポートする人、お母さん、仕事でスポーツに関わりたい人のために「食アスリート理論」を学ぶための講座をご用意しています。

今すぐ実践して結果を出したいアスリートの方・アスリートを支える人

食アスリート理論をすぐに実践したい!という方にはこちらの認定講座がおすすめです。

食アスリート協会認定講座:B A S I C

この受講することで、食アスリート理論の基本を理解して、その日の食事から実践することができます。栄養についてだけでなく、消化、吸収、代謝、実践のしやすさなどを追求した内容になっています。アスリート本人の日々実践できるわかりやすく、具体的な内容の講座です。
詳細はこちら

認定講座の内容をさらに深く学びたい方にはAdvance講座をご用意しています。Advance講座ではBasic講座を受講された方限定でより深い内容をお伝えしています。

指導者、アスリートのお母さん、スポーツを仕事にしたい方

食アスリート理論を学んで、選手の指導、スポーツをするお子さんのサポート、スポーツに関わる仕事に活用したい方にはインストラクター講座がおすすめです。

食アスリート・ジュニアインストラクター講座

この講座では、「食アスリート理論」を自ら実践するだけでなく、アスリートに教えたり、サポートをすることを目指すインストラクターを養成します。

スポーツの現場に根ざした、「結果が出る方法論」だけでなく、その背景にある栄養、身体機能、食をめぐる環境、健康、食アスリート理論の伝え方などを学ぶことができます。

講座を終了して食アスリート・ジュニアインストラクターの資格を取得すると、食アスリート協会認定講座Basicを有料で開講することができます。ただ、学ぶだけでなく「教える人」として必要なスキルが身につき、食を通じてスポーツに関わる仕事ができるのが食アスリート・ジュニアインストラクター講座の特徴です。

詳細はこちら

また、食アスリート・ジュニアインストラクター資格を取得後、シニアインストラクター資格を取得することができます。シニアインストラクターはアスリート向けの結果が出る食事の理論だけでなく、さらに広いコンディショニングなどについて学ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました