2021.3.1筋トレの食事の常識が覆る!身体づくりのプロと食のプロが語ります!

食アスリート協会からのお知らせ

こんにちは。

今日から3月!
2020年度も残すところ1か月となりました。
卒業、入学、入社などこれから大きな節目を迎える方も多くいらっしゃることと思います。

新年度のスタートともに、
新しいことにチャレンジしよう!と
決意した(しようとしている)方もいらっしゃるのではないでしょうか??

新しい挑戦を始めるとき、
明確だったりぼんやりだったりするかもしれませんが
目標や目的、方法などを考えますよね。

・ゴールは?
・何のため??ゴールの先に待っている世界は??
・どんなメニューで取り組む?

などなど。
スポーツをするうえでも、自分自身と向き合い目的や目標を考えることは、
質の高い練習ができるかどうか、
また試合でパフォーマンスを十分に発揮できるかにも影響する、
とても重要なことです。

競技する場所以外で
目に見えない部分にまで意識を向けることは
大一番でのパフォーマンス、さらには人生を変化させることに繋がることでしょう!!

筋トレや練習も同じですよね。
何のためのメニューなのか、どんな試合のどんな場面のための練習なのか、
どこに効いているのか、何のために時間を過ごしているのか。
ただこなしているよりも、もっと細部にまで意識をむけることで
結果が変わってきます!

そして食事も!
このメルマガでも何度もお伝えしていますが
ただ食べるのではなく
何のために食べるのか、なぜ食べるのか
食べた後どうなって自分の身体が変化していくのか。
どれだけの人が関わってこの食事をいただくことができるのか。

そこにまで意識を向けることで
消化吸収も変化し、身体や心の変化のスピードも変わってきます!

さらにはその方法もしっかりと考えることが大切ですね。
どんなに一生懸命取り組んでいても、その方法が間違っていたとしたら…
・なかなか効果がでない。
・思っていた結果につながらない。

ということになるかもしれません。

せっかく取り組むなら、正しい方法で
効果的に変化していく方法を選択していきたいですよね。

ということで、
筋トレの食事の常識は本当に常識なのか⁉
目からウロコの話が聞けちゃう動画配信のお知らせです!

食アスの副代表 柏原ゆきよと
食アスリート・シニアインストラクタでもある高津諭トレーナーが、
筋トレの食事について対談をYouTubeにて配信しています。

【配信動画のお知らせ】


食アスリート協会副代表であり、日本健康食育協会代表の柏原ゆきよが
開設する柏原ゆきよ公式YouTubeにて
食アスリート・シニアインストラクターの高津諭トレーナーと対談。
3回シリーズでお届けします。
(2回までは2月中に配信済、3回目は今週配信の予定です)

ぜひご覧ください。

【 プロテインは間違い!? 】
「筋トレ食事の常識を覆す!
日本人よ!バルクするなら〇〇を食え!
1流プロトレーナー実践済!!日本人のための筋肉と食事の関係性」

【プロテインは間違い!?】筋トレ食事の常識を覆す。日本人よ!バルクするなら〇〇を食え!1流プロトレーナー実践済!!日本人のための筋肉と食事の関係性

スポーツ、競技をしている、トレーナー、筋トレなど
アスリートの食として
サプリやプロテインなどが有名かと思いますが
その常識とを覆す!!
1流プロトレーナーも認める
「食アスリート協会」の食とはなんなのか!!
強い体・筋肉を作るための参考にしてみて下さい!

★高津諭トレーナー★
ボディビルダーでありパーソナルトレーナー歴22年の筋肉お兄さん。

高津さとし/スポーツトレーナー学院校長・トレーニング指導者のhandshake
高津 諭 1975年生まれ 広島県出身 「食べて、鍛えて、整えて」豊かな人生を創造するパーソナルトレーニングを提供しています。 スポーツトレーナー学院で校長をしたり、パーソナルトレーナーの寺子屋というオンラインサロンを運営しています。 パーソナルトレーニングは大阪〜神戸で受けることが可能です。 ...

● YouTube ●
食事の知識は強い’武器’になる!
健康食育の専門家・柏原ゆきよが毎週更新しています。
便利なチャンネル登録はこちらからどうぞ。

柏原ゆきよチャンネル【お米先生の「人生が変わる食べ方」レッスン】
動画をご覧いただきありがとうございます! 柏原ゆきよです。 25年以上の現場経験とエビデンス研究の結果「お米はすごい!」という結論です。 日本人の体質とライフスタイルを重視し 長期的に体質改善をしながら健康と美容を両立する食事法を考案しました。 お米は太ると思われがちですが、組み合わせや食べ方の工夫で大違い! 食を通...

ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました